Official Blog

ブログ

a curio

よく、お客様から言われるのが・・・

 

御社はポルシェが多いね。  とか

 

高年式で走行少ないね。   とか

 

たしかにHP等でのラインナップは、そうかもしれません。 o(^▽^)o

 

でも。

 

それだけではありません。

 

こういった車両も販売してます↓

後ろ姿も素敵ですが・・・  Σ(゜∀゜ノ)ノ

 

フロントフェイスも↓

たまりません。(≧∇≦*)

内装については・・・・・

素敵すぎて (((o(*゜▽゜*)o)))

なんともいえません。

1969年式!

43才 or 44才 ぐらいでしょうか (;゜Д゜)!

 

150kmぐらいでもしっかりとした走りが出来てしまうところが

 

さすが、メルセデスベンツ!

 

です m(_ _)m

 

 

a wide angle

いつもお世話になっている新宿のM様宅へ、おじゃましました。

東側 ↓

 

西側 ↓

南側 ↓

画像では全てがお伝えできないのが、残念です。

 

実際の景色には、圧倒されます!(゜o゜;;

 

北側以外はすべての夜景が一望出来てしまいます。 (・□・;)

とてつもなく広いリビングからの景色なのですが・・・

お部屋のどこにいってもあらゆる箇所に空気清浄機が・・・・

 

はて??

 

確認しただけで10機はありました・・・・(^_^;)

実際には10機以上あるそうですが・・・・(~ω~;)))

 

お尋ねしたところ。

私  「なぜ? こんなにあるのですか?」

M様 「ほこりが出ないから」

私  「ほとんど掃除いらず?」

M様 「そう。二週間に一回かな・・・」

といった理由だそうです。

当然、電気代も高額になるそうです(゜д゜lll)

 

新規入庫

ブログを数日、サボっておりました。

m(_ _)m

 

申し訳ございません。

m(_ _)m

 

限定30台とのこと・・・・

内装の造りから、ご存じの方々は車種が限定出来てしまいますが・・・・ (^^;

通常のラインナップではウッドパネルなのですが・・・・

その部分が革張りとなっております Σ(゜д゜lll)

30台限定の10台目らしいです (*^^*)

あえてエンブレムがボディーカラーと同色です。

今回の限定モデルの特徴となっております。 (^O^)

 

 

”1月14日”

朝、出社すると・・・

肌寒い感もあり・・・

白いものがチラチラと舞っており・・・

しかし。

数分後。

わずかな時間であっという間に。(°д°) ↓

同じく目黒方面も ↓

吹雪いております!(ーー;)

世の中が完全にストップしてしまったようで・・

 

目黒通りの車の通行。

ありません。

弊社の電話。

 

鳴りません。

お客様のご来店。

ありません。

 

なので、午後からは臨時休業とさせていただきましたm(_ _)m

 

自宅に着いても降り止むことはなく。↓

前方がほとんど見えません。

時間の経過と共に更に降りが強くなったような・・・

 

目黒通りが真っ白です。(~ω~;))) ↓

次の日が弊社の定休日ではありましたが・・・

 

水曜日は雪かきに時間が奪われたのは言うまでもありません(´・_・`)

 

そして、現在もまだ凍りついている箇所多数。

 

 

皆様も足元にはくれぐれもご注意くださいませ m( __ __ )m

 

 

らんなーずはい。

ランニング中の陶酔状態といわれている状況ですが

走り始めて、15分ほど経過したぐらいでしょうか

運動状態に慣れてくると、身体が楽になり・・・

セカンド・ウィンド(次息)状態となります。

そこから、さらに30~40分ほど走り続けると・・

やや、頭がぼんやりモードとなり。

心地よいサードウィンド(第3息)状態が訪れます。

このへんからが、ランナーズハイの始まりのようです。

あくまでも個人差があるので、どのあたりからハイな状態

となるのかは決まっていないようですが、私自身は4km~5km

ほど走った後におとずれます。

”ランナーズハイ” が(・□・;)

意味もわからない、陽気な感覚となり。

ただ走っているだけなのに・・・

なぜだか、楽しいんです。o(^o^)o

そんな感覚で走っていると、いつも通る学校の校舎が(°д°)↓

校舎なのに、イルミネーション!?

さすがに、実際に見ると圧倒されてしまいます。Σ(゜д゜lll) 

ランナーズハイ状態でおかしくなったのかと・・・ (~ω~;)))

この季節になると、各ご家庭にも派手なイルミネーションが飾られる
のですが、お写真でご紹介できないのが残念です。

あくまでも、他人様のお家なので・・・。 (´;ω;`)

           m( __ __ )m

年末だったりすると・・・

自宅マンションのエントランスに。

.。.:*・゜Merry-X’mas:*・゜。:.*  のツリー。

だったり。   (-。-)y-゜゜゜

年末の渋滞のなか・・・・

納車のドタバタに追われ。

弊社顧客のI様宅へ納車に行くと・・・・

同業者の方が同じく納車中。(~ω~;)))

だったり。

年末のお決まりが

街中を照らすイルミネーションがやたらと増えたり。

だったり。

よく行く居酒屋では・・・

店員 : いつもありがとうございます!

と、必ず出て来るサービス(無料)メニュー

 

だったり。

会計時には。

店員 : ¥6、320ーです。

店長 : 「こちらに走ってくる」

店長 : いつもありがとうございます! じゃあ今日は¥5、000ーで!

私 : え? ¥1、320ーは? (°д°)

店長 : いりません!

そして・・・・・

私はまた、行ってしまいます。

上記については、年末とは関係ないと思いますが・・・・

なんとなくですが、勢いを感じてなりません。

年末ならではの。  o(^▽^)o

おまけ。↓

-ねんまつつまんねー (回文) 意味はありません(。-_-。)

休日は未定

 

品川付近から首都高速に目的もなく乗り・・・

漠然と走り出して・・・

千葉方面ではないなと・・・  思い。 (~ω~;)))

茨城方面へ (理由は特にありません)(。・ ω<)ゞ

高速を降りたら、長閑な風景が。( ̄▽ ̄)

田舎道がしばらく続いたところで。ヽ(;▽;)ノ

立ち寄ったショッピングモールでの”Toilet”が美しすぎです! (;゜Д゜)!  清潔!!

帰路に向かうと。

日が暮れてまいりました。

前方に?  大仏?

そう。 大仏です! 時間帯のせいか・・  哀愁を感じます。(´;ω;`)

 

ここから先は暗くなってしまい、撮影続行不可となりました。

 

 

いつになるか未定ですが・・・・

 

 

続編に続くと締めさせていただきます m(_ _)m

 

 

未公開車両

一気に画像をご覧ください!

o(^o^)o ブレーキ。

↓ ドアノブ付近。

↓ エアコン吹き出し口。

↓ センターコンソール付近。

↓ シート。

↓ リヤバンパーの一部&フロントバンパーの一部。

↓ 上記画像から、車種が断定出来る方はヽ〔゜Д゜〕丿流石であります!!

弊社で、ひっそりと在庫しております・・・。

もちろん、しばらくはHPにもアップいたしません。

ご来店いただいたお客様だけが、ご覧になれます(-^〇^-)

 

新規入庫車両

お客様より、買取させていただきましたお車を
搬送していただき・・・。

到着! (*≧∀≦*)

ご遠方のお客様なので、万全な搬送をしなくてなりません。

輸送中のゲリラ豪雨や、強風からもお車を守らなくてはなりません!(*゜▽゜*)

大変希少な・・・

 

GT-2!

 

屋内保管車両!

 

2002年モデル!

 

走行Σ(゜д゜lll)ナント、1、1万km!

いつもお世話になっている、トランスウェーブ様!

遠い道のりを、おつかれさまでした! m(_ _)m

 

 

”主張”

車に乗り込んで、常に視界に入ってくるのは・・・

やはり内装です。

もっとも目につく質感や、コンディションは美しい状態であってほしいものです (๑≧౪≦)
その内装のなかでも小さな”拘り”が覗えるのが・・・ ↓
ヘッドレストにもちょっとしたアクセントが! o(^▽^)o
座席に座って前をみて、運転するものですから当然ですが・・・
頭の後ろがどうなってようが気にはなりませんが (~ω~;)))
目に見える部分でも↓
高価なピアノウッドに車名の”ロゴ” (*^^*)
素敵です!
そして、英国にも負けていない 拘りの ”イタリア” のお車 ↓
 
革シートとアルカンタラのコンビネーションが素敵であります!
全体的な配色も、お見事な様子がうかがえます (*´∀`*)
細かい箇所にも ↓
センターコンソールまでも、イエローステッチ入り。↑
内張・ドアハンドル・グローブボックス 全てにイエローステッチが (・□・;)↓
そして、英国といえば・・・
こちらです ↓
 
見事なオールレザー(全革張り)のインテリアです!
前オーナー様の色調のセンスの良さにも驚かされますが
見事な職人技にも驚愕します。(°°;)”((;°°)
ドアを開けたら・・・
ステップに ↓
ブランド感の強さが! (;´Д`)
極みともいえるのが・・・・ 
ボンネットを開けると ↓ 
造り手のお名前が、確認できたりします。 Σ(゚д゚lll)
ダウンサイジングエンジン・エコ・ハイブリッド等、様々なコンセプトで
諸外国の車達が現存する中、いつの時代においても失いたくない
のが・・・・
拘りや、造り手の主張ではないかと。 (((o(*゚▽゚*)o)))