Official Blog

ブログ

このブラピが一番好きです。

またもや台風が来るそうですが皆様いかがお過ごしでしょうかむっ

WiFi弱者の私ですが、最近グーグルプレイからのムービー鑑賞を覚えて、映画を見るのにはまっています音譜

ブラピとアンジー元夫婦共演のこの作品ラブラブ

アンジーのクレジットに「PIT」がついてるの見ただけで5億点です笑い泣き

ひたすら美しいアンジーとブラピに埋め尽くされていますアップ

「ヒリヒリした夫婦間の臨場感が味わえる」作品で私は好きです。

この二人にとって離婚は「一つの試練」に過ぎないんだと感じました。

元ダンサーの妻ヴァネッサ(アンジー)はひたすら心神喪失状態で作家の夫ローランド(ブラピ)はそれをどうにかしてやりたい気持ちでいっぱいです。

どうして二人がこんな状態なのかは最後の最後まで説明されません。

ラストシーンでハンドルを握るローランドの手にヴァネッサが手を添えるシーンが一番印象的でした目

ちなみに車は1967年のシトロエンDSカブリオ。

https://in-movies.com/blog/2016/8/25/by-the-sea-

この考察を読んで益々この二人の物語が好きになりました。よろしければ、覗いてみてくださいね。

ではまたパー口笛

【営業時間変更のお知らせ】

日頃より弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のショールーム営業時間は10:00~19:00となっておりますが

日曜および祝日は10:00~18:00とさせていただきます。

 

なお、22日は定休日である火曜でありますが、祝日となりますので

上述のように10:00~18:00の営業とさせていただきます。

 

 

皆様方からのお問い合わせおよびご来店を心よりお待ち致しております。

 

FRIEND MOTORS

YESTERDAY

皆様、いかがお過ごしですか?

台風19号の影響で臨時休業、そして台風一過の営業日ではネットが一日不通になってしまいました。

電気って大切。ネットって大切。

と、改めて感じました。

そんな中、

「イエスタデイ」見てまいりました。

町山さんの解説もおさらいしつつ鑑賞しました。

☆は・・・・・・残念ながら1つです!!

目覚めたらビートルズが無い世界になっているっていうアイディアは良かったのですが…。

何よりも残念なのは主人公に飛躍的な成長が無い事。

環境がどんどん変わるのに人の心が変わらないんです。

半年かけてあれか・・・。

そして何より許せないのはこのポスターの2人の考え方と行動です。

完全に自分さえよければそれでいいという考え方です。

でも、それが現代社会を揶揄しているのでしょうか。

あまりにもインスタントな展開にプンスカしてしまいました。

「ジョーカー」見た後ということも☆1つの要因になっていると思います。

ジョーカーの境遇や苦悩を細かい描写や何より俳優の存在がネガティブに傾いていく描写が秀逸なのです。

なのにこの主人公、見た目がダサいと指摘されてイメージ戦略のプロの手にかけられるも

これと言って変わった気がしないんです。

一体どの層にどのようにイメージさせたくて、変身したかったのかも開示されないので

完成形を目にしたときに、一体あのフリは何だったのだろうとなってしまうわけです。

そして、世界的なポップスターになるという割には行動範囲が狭い。

YouTubeで世界配信とかでもいいのでは??

低予算だったのかな。一応、ユニバーサルだけど…。

ビートルズファンは笑えるところ満載です。

ビートルズ弄りが見せ場と言っても過言ではありません。

それにしても、色々とツッコミどころ満載で一緒に観た人と語れるという部分においては

☆3つな映画です。

 

 

インセプションみたいな映画またやってくれないかなー。

 

ではまた来週。

 

 

【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】


日頃より弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

 

台風19号の接近に伴い明日12(土)は臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますがご理解の程よろしくお願い致します。

 

なお13(日)は通常営業を予定しております。

皆様方からのお問い合わせおよびご来店を心よりお待ち致しております。

 

FRIEND MOTORS


 

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ  

わたくし、ジョーカー🃏観てきました!!!

映画館、、、混んでます🎦
深夜回以外は予約必須ですね。

さてタイトルに上げました名言は、チャーリーチャップリンの言葉です。

町山さんの解説によれば、劇中映画でチャップリンのモダンタイムスを採用しているのはそう意味だそうです。

確かに、リアクション芸人の”熱い・痛い”は芸人に感情移入すれば不幸、でも引きの画で見ると笑ってしまう。

イッテQの宮川大輔さんのキラキラ加工は何度見ても笑ってしまうし、ロッチ中岡さんのQーTUBEは最高です。

でもこの映画は、それをジョーカーというコメディアンの人生にズームインしている映画です。

ジョーカーに感情移入することで世界は全く変わって見えるのです。

ジョーカーは人々に正義の本当の意味を問いかけます。

ある人にとっての正義はある人にとっての不幸であり、常にこの世はバランスなのだということを知らしめます。

YouTubeで中田敦彦さんのチャンネルで言っていた、ミルトンの「失楽園」てこんな感じなのかなって思いました。

「カオス(混沌)」の対義語「コスモス(秩序・調和)」は本当にあるのでしょうか。

観た人と語り合いたくなる映画です!!

 

 

 

 

👣渋谷お散歩日記👣

先日のお休みにお友達と代官山で待ち合わせてランチしてきました✨

天気もいいし景色もいいしメキシコ料理最高!!

恋バナと仕事の話などしまして

腹ごなしに渋谷まで歩くことにしました。

 

歩いていたら変わった名前のビルがあったのでパチリしときました。

ちゃんと渋谷駅まであるけました~😊

ちょうど映画見たいと話していたので

「宮本から君へ」を観に行くことにしました。

更に円山町に向かってテクテク…

途中、寄り道。

可愛い💖チワワ大好き!!

そして、到着。

ユーロスペース。

開場時間まで時間あったので千代田稲荷でおみくじ引きました。

そして純喫茶にてお茶。

大吉です!!

いい1日になりました。