Official Blog

ブログ

ポルシェカイエンターボS

”新規入庫”

 

image6

 

スポーツエキゾースト! !(^^)!

image5

 

絶妙なカラーコントラスト (^^♪

image4

もちろん、ドアの内張りに至るまでもが!

image2

 

ステアリングホイール!

メーターパネル!

image3

 

希少! ”ターボS”

image1

詳細は近日HPにて m(__)m

 

 

 

マストな一品とは!?

5日前のブログで汗ばむほどの陽気が続いていると書きましたが…

昨日の最高気温は29℃…

そして本日の予報はついに30℃!!

 

汗ばむというより汗だく

汗を拭うのではなく垂れ流し

 

そんなワタクシを見る周りの方々の不快指数がフルスロットルになってしまうため

平静を装いつつ少しでも汗を抑えられるよう気持ちにデオドラント剤を噴射しております♪

 

効き目なしw-w

 

 

さて、心と身体が一体化せず落ち込んでしまう寂しい夜でも

そんな自分を優しくクールダウンさせてくれるマストな一品が

 

 

hiyajiru

 

「冷や汁」であります♪

 

 

初夏というか春を迎え桜が散り、梅雨入り前の暑い日が続きだすと

「冷やし中華はじめました」がポピュラーであると思うのですが

メニューの中に

「冷や汁(夏季限定)」

とあるお店は迷わずmyお気に入りリストへ仲間入り!!

 

 

焼いた魚にゴマの香ばしさ…そこにだし汁のコクと旨味が加わり、さっぱりとしたきゅうりの歯ごたえが食感というバランスの架け橋にかかせない

ハァ…想像しただけで口の中に広がるあの風味が愛おしい♪

 

お好きな方もいらっしゃるかと思いますが、食されたことがないという方はぜひ(#^.^#)

 

<完>

マイナーチェンジを軽く語る<ポルシェ911編part.1>

昨年9月にマイナーチェンジを実施し、フランクフルトショーでデビューを飾ったポルシェ911(Type991後期型)

911 Carrera S / 911 Carrera Cabriolet

 

先日、試乗してまいりました。

IMG_1909

 

今回のビッグマイナーチェンジによる最大の変更点はなんといってもターボ化された新型パワーユニット搭載であります。

2021年までに欧州市場で販売する新車1台あたりの企業別平均CO2排出量を95g/km以下とする規制を見据えての変更と言われております。

カレラおよびカレラSに搭載されるのはいずれも排気量3リッターとなるツインターボエンジン!!

小排気量エンジンにターボを組み合わせパワーと燃費を両立する手法を「ダウンサイジング」と呼称されますが、ポルシェ社においては911らしさを失わないためにあえて3リッターまでの軽減にとどめ、ダウンではなく「ライトサイジング」であると提唱しているようです。

 

カレラなのにターボ???

まったくもってイメージできませんが…

 

 

最高出力はカレラが370ps、カレラSは420psと前期型と比較しても20psのパワーアップとなりました。

試乗車は上記画像のようにカレラSであったのですが、言うまでもなくストレスフリーかつ911らしさを何の違和感もなく感じられるフィーリングでありました。

 

 

そして2番目の大きな変更点はインターフェイスの刷新であります!!

IMG_1906

従来の純正とは言い難いナビゲーションシステムに代わり新開発のポルシェ・コミュニケーション・マネージメント(PCM)が搭載されました。

スマートフォンとの連携が可能でGoogle Earthおよびストリートビューの利用ができiphoneをPCMへ接続することでApple社の「CarPlay」も使えるようです。

IMG_1910

5連メーターにナビ画面が反映されるのに違和感を感じましたが、こちらもすぐに慣れることでしょう。

 

新たにステアリングに備え付けられた「ロータリースイッチ」につきましてはまた次回、ご紹介したいと思います。

IMG_1918

 

<Part.2へ続く>