Official Blog

ブログ

めんてなんす

弊社のお客様よりお電話があり。

「エンジンチェックランプ(黄色)が点灯して、消えないんです」

とのことで、入庫してまいりました。↓

image002

“アストンマーティン赤坂サービス工場”

image004

まずは、現車とCP(診断機)同調させて。

image006

読み込み開始!

image008

結果・・

単なるセンサーの誤検知とのことでした。(;一_一)

修正・リセットして作業終了です。

image010

せっかくなので、他の箇所の波形信号も“点検・確認”して異常なし! (^o^)

機関良好で、大変優秀なお車ということでした。

image012

その横では、クラッチ交換のヴァンテージがあり。

エンジンから、ジョイント部を外した図。(ミッションは後部有)

image014

こちらは、リヤアクスル廻りのミッションを外した図。↑

リヤドライブシャフトと、後方に向けたマフラーが!

image016

後方から前方にかけての図。↑

何もありません。(@_@;)

image018

こちらが↑ 外されたトランスミッション&デフAssyです。(意外に小さい)

担当者に聞いたところ、アストンは作業性がよく、それほど難儀ではないようです。

センターマフラー×2・センタードライブ・ミッション・ドライブシャフト等・・
取り外す部品点数は多いのですが・・・ (^_^;)

image030

工場内をふらふらしていたら、無事に作業も完了したので・・・

 

これより、帰社致しますm(__)m