Official Blog

ブログ

Hope will never be silent.

こんにちは!

凍てつくような冷たい風に吹かれながら、今話題のアレを観に行ってまいりました。

 

今回で「キャッツデビュー」したので

私は3回も号泣してしまいました。

この作品は賛否両論が話題です。

「メモリー」という歌は知っていたのですが、どのような場面で使われていたのか知らなかったので

号泣してしまいました。

Touch me,

it’s so easy

to leave me

ALL alone with my memory

Of my days in the sun

しっかり韻を踏んでいる歌詞なのですが

これを直訳すると

「私に触れて

私を見捨てるのは簡単なこと

私は独りきり

日の光の中にいた日々の思い出とともに」

劇団四季では

「お願い 私に触って

私を抱いて 光とともに」

と歌われているようです。

今はもう輝きを失ってしまった自分を嘆き悲しむ歌ですが

ここで歌われる思い出と幸せに

自分の思い出と幸せがシンクロして涙腺崩壊なんです。

夢や希望が消え失せて

思い出があれば生きていける

のでしょうか・・・。

 

コメントは受け付けていません。