Official Blog

ブログ

モヤモヤする思考をスマートにぶった切るロジックに痺れる秋🍂

今日はとっても気持ちのいい晴天です。

皆様はどんな秋をお過ごしですか??

私は「文化の秋」です。

最近のお気に入りは岡田斗司夫さんです。

 

2015年の動画なのですが秀逸です!!

スタジオにいる非モテとされる男性5人は、どの方も彼女がおらず、またそれぞれにできない理由をお持ちなのです。

一人ずつ話を聞き、具体的で的確なアドバイスをされる岡田さんに感動すら覚える動画です。

 

中でも「彼女いない歴=年齢 28歳会社員男性」は強烈でした。

「お金の力でメイドカフェなどで働いている”商売女”と話すことは出来ても、普通の女性と話が出来ない。同僚の女性には沸き立つものが感じられない。女性として見れない。」

「周りに羨ましがられるレベルの女性と付き合いたい」という男性・・・。

岡田氏の頭の回転の良さが光ります。

私だったら、言葉尻をとらえた時点で心折れて沈黙してしまうと思います。

 

また、別の男性は「結婚がしたい。家事などを嫁がしてくれることで仕事に集中でき稼ぎも上がる。」などと話します。

 

この男性陣は2019年をどう生きているのか気になります。

 

彼らには彼女・嫁という「存在」「役割」へのこだわりがあります。

でも、これは男性に限った話ではないと思います。

女性もまた「年収1000万のハイスぺ男子」を好む女性もいるわけです。

この様な女性もまた「存在」「役割」にこだわりがあるのだと思います。

そのような相手に対して自分がどのように相手に貢献できるのかを語ろうとしません。

 

すっかり岡田氏のファンになったのでニコニコ動画の会員にまでなってしまいました。

会員限定の動画で、岡田氏は「かいしんのいちげき」的な論理を繰り出します。

マーケティング理論です。

自分の需要はどこにあるのか、世代、趣向、家族構成、ライフスタイル・・・

広告代理店のごとく戦略を立てる方法まで具体的に示してみせるのです。

 

私はこれを「非モテ文化」なのだと思いました。

「非モテ学」なのだと。

だからモテないんだよ!!と切り捨てたり、「不器用」で片づけるのは簡単です。

 

そもそも、「非モテ」のゴールは「モテ」なのでしょうか??

「非モテ」のゴールは、誰かと繋がることなのでしょうか・・・。

むしろ、「非モテ」キャラで現実逃避していたいだけなのかもしれません。

 

でも、どんなにくだらない内容にもきちんと分析して本人に分かるように話す岡田氏の姿勢が素敵なのです。

 

町山智浩さん(57)横山剣さん(59)岡田斗司夫(61)

アラ還男子がカッコイイです。

コメントは受け付けていません。