Official Blog

ブログ

F川Q児

皆さんはご自身の過去を知る人と十数年ぶりに連絡取り合ったり、再会したことはありますか??

この再会、不思議な気分になりませんか?

「運命なんだ✨」とか、「死期が近いんだ(´;ω;`)」

なんてことを考えてしまうほど私は「頭がお花畑」です。

 

皆さんはいかがですか??

 

・同窓会やOB会などで昔のある一定の時間を一緒に過ごした不特定多数との再会。(難易度★1)

・街角で偶然、ある一定のパーソナルな時間を過ごした個人に声をかけらる再会。(難易度★5)

・好きになった人が兄弟だったっていう複雑な再会(ドラマでしか見ないヤツ!!難易度★100)

・死んだと思っていた恋人が実は生きていて再会(韓流ドラマでしか見たことないやつ!!!難易度★∞)

 

でもここ10年なら圧倒的に

 

SNSで、ある一定のパーソナルな時間を共にした個人との再会。(難易度★プライスレス)

 

ではないでしょうか??

これは、SNSのみで完結してしまう関係も存在するかもしれませんね。

 

私の一番印象的な再会は、旅行先での再会ですね。

これは本当に衝撃的でした。

19~23歳の私を知っている人に、32歳で再会しました。

まさに「ノスタルジー」です。

でも、ノスタルジーからファンタジーとは行きませんでした。

 

ノスタルジーとは取り戻せない時間に思いを馳せているだけなのかもしれません。

過去は過去、現在は現在なのですね。

「一度、割れた皿は元に戻らない」っていいますよね。

 

しっかーーーーし!!

割れた皿には「金継ぎ」が出来ますよね。

芸術として扱われるのだそうですよ!!

ただの皿ではなくなるわけですね。

「金継ぎ」するには手間暇かかるわけですね。

まさに「金継ぎ」言い得て妙でもありますね。

 

http://haretoke.gift/blog/146/

 

なんだかおもしろいですね。

とはいえ再会は、やはり嬉しいものです。

 

また、来週。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。